• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • FAQ > お子様からよくいただくご質問

のご質問

「お子様からよくいただくご質問」内のFAQ

57件中 31 - 40 件を表示

4 / 6ページ
  • 工場の仕事で一番大変なことはなにか教えて。

    ▽BOTTOM いろいろな仕事があり、どれも大変ですが、大変なことを減らせるように工夫をしています。 たとえば、コンピューターが人間に代わっていろいろな図面(ずめん)を作ったり、あらゆる計算をしてくれます。 また、人間が作業をするうえで危険(きけん)だったり大変なところはロボットが作業しています... 詳細表示

    • No:11301
    • 公開日時:2001/08/01 00:00
    • 更新日時:2023/08/01 12:35
  • クルマをつくっている工場にロボットは何台くらいあるのか教えて。

    ▽BOTTOM すべての工場で合計3,500台くらいのロボットが活躍(かつやく)しています。 どんな工程のときにどんなロボットが働いているかは以下のYouTubeよりご確認いただけます。 (YouTube)【企業】日産のクルマができるまで(小学生向け:日本語)2022.12更新 (YouT... 詳細表示

    • No:11283
    • 公開日時:2001/08/01 00:00
    • 更新日時:2023/06/19 15:07
  • 最後の検査(けんさ)で不合格(ふごうかく)になったらどうするのか教えて。

    ▽BOTTOM 最後の検査(けんさ)で不合格(ふごうかく)になったときは、不合格(ふごうかく)の部分の部品交換(ぶひんこうかん)をして直します。 不合格(ふごうかく)のままになってしまうクルマは、事故(じこ)でもないかぎり発生しません。 また、検査(けんさ)は最後だけおこなうのではなく、組み... 詳細表示

    • No:11282
    • 公開日時:2001/08/01 00:00
    • 更新日時:2023/06/15 18:40
  • 工場を見学するにはどうすればいいか教えて。

    見学したい工場に直接(ちょくせつ)、見学できる日や時間をたしかめて、お申し込み(もうしこみ)ください。 申し込みは、(日産公式サイト)ようこそ、日産の工場へ 詳細表示

    • No:8263
    • 公開日時:2010/10/08 00:00
    • 更新日時:2021/11/21 03:34
  • 日産社員の平均年齢(ねんれい)を教えて。

    日産社員の平均年齢(ねんれい)は2020年度は約41才です。 詳細表示

    • No:5017
    • 公開日時:2016/06/01 00:00
    • 更新日時:2022/08/02 14:00
  • 売れるクルマをつくるために工夫している点を教えて。

    ▽BOTTOM 新しいクルマを開発(かいはつ)するときには、クルマをどんな人に買ってもらいたいのか、買う人はクルマにどんなことを求めているのかを調べます。 これを市場調査(しじょうちょうさ)と呼んでいます。 そのうえで、買ってもらいたい人に気に入られるようなデザインや装備(そうび)のクルマをつく... 詳細表示

    • No:11292
    • 公開日時:2001/08/01 00:00
    • 更新日時:2023/06/15 18:38
  • ターボが最初についたクルマはなにか教えて。

    1979(昭和54)年12月に、430型のセドリック・グロリアに日本初のターボエンジン(L20E・T 型)を のせた車を発売しました。 その時、日本は第二次(だいにじ)オイルショックで社会全体に「省エネ」が叫ばれて(さけばれて)いました。 現在のクルマと同じように、小さい排気量(はいきりょう)で... 詳細表示

    • No:10643
    • 公開日時:2001/11/09 00:00
    • 更新日時:2021/11/21 04:23
  • 日産自動車が設立されたときは部品も自社製造していたのか教えて。

    ▽BOTTOM 日産自動車が設立された1930年代から1970年代までは、ほとんどの部品を自社製造(じしゃせいぞう)していました。 その後は、クルマの半分以上の部品をサプライヤーから製造(せいぞう)してもらって、クルマを生産するようになりました。 どの年代にどんなクルマがつくられていたかは、... 詳細表示

    • No:65345
    • 公開日時:2023/06/15 18:18
  • クルマをデザインするときには、どんな道具を使うか教えて。

    スケッチや、コンピューターを使います。 クルマのデザインが決まると、そのイラストをもとに、実物と同じ大きさのクレイモデル(ねん土の立体モデル)を作って、こまかいところまで、ていねいに作り、デザインを決めます。 (日産公式サイト)カーデザインってどんなお仕事? 詳細表示

    • No:13439
    • 公開日時:2011/10/20 00:00
    • 更新日時:2021/12/08 11:26
  • 長い時間工場でクルマを造っていて疲れないのか教えて。

    工場では疲れないように時間を決めて交替をしたり、休憩をしたりして工夫しています。 △TOP 詳細表示

    • No:11296
    • 公開日時:2000/10/06 00:00
    • 更新日時:2021/11/22 01:32

57件中 31 - 40 件を表示

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

お客さま相談室
0120-315-232 0120-315-232
受付時間:9:00〜17:00(12/31〜1/2を除く)
音声案内が流れましたら、番号を選択してください

1. カーナビ・オーディオ・ドライブレコーダーについてのご相談

2. 上記以外のご相談

ご愛用車のご相談は、車検証の情報(車台番号・登録番号・初度登録年月日)や、グレード・走行距離・販売店名などの情報をご用意いただくと、受付がスムーズに行えます

インターネットでの
お問い合わせ


※ご回答は「@nissan.co.jp」ドメインのメールアドレスから送信いたします。
 セキュリティ設定や迷惑メール防止などで受信制限をされている場合は、
 上記ドメインのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
お問い合わせ・ご相談内容につきましては、お客さま対応や品質向上のために記録し活用させていただいております。
また、販売会社等からご返答させていただくことが適切と判断した内容は、必要な範囲で情報を開示し、当該販売会社等からお客さまにご連絡をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
なお、当社における個人情報の取り扱いに関する詳細は、日産自動車ホームページ(www.nissan.co.jp)にて掲載しております。
日産自動車株式会社
お客さま相談室
〒220-8686
神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号
We would like to inform you that the contents of your inquiry, consultation is kept on record to be used for improving our customer handling and quality.
Also, we would like you to understand that there will be cases where we will inform our sales company etc. of necessary information and ask the respective sales company etc. to contact you for an issue which we determine is appropriate for them to handle.
Details of our company policy regarding handling procedures of personal information is written in Nissan Motor Company Homepage(www.nissan.co.jp).
Thank you for visiting the corporate Web site of Nissan Motor Co., Ltd.. At this time, we cannot respond to customer service, retailer or product inquiries received via e-mail.
To ensure that Nissan continues to provide you with the best possible customer service, if you have questions or comments about Nissan or any of our products, please contact us directly at the address below.
NISSAN MOTOR CO.,LTD
Customer Relations Office
1-1,Takashima 1-chome,Nishi-ku,Yokohama-shi,
Kanagawa 220-8686,Japan
Toll Free Dial : 0120-315-232(Only in Japan)
English speaking operator is available during the following hours:
Monday - Friday (except national holiday)
9:00a.m. - 12:00 noon
13:00p.m. - 17:00 p.m.